カードローンとフリーローンの違いについて

カードローンもフリーローンも、審査に通れば使途を自由に設定できますし、融資をする銀行や消費者金融も何に使ったのかについて干渉することは有りません。そして、どちら借り入れた額と金利を決まった期限に返済していきます。そのため、これらの違いを知らない人も多いです。しかし、両者は全く同じではありません。その違いの中でも決定的なのが、何度も枠内で借りることが可能か否かという点です。フリーローンは、あらかじめ定まった枠内の範囲であれば、何度も借り入れをすることが可能です。一方フリーローンは、繰り上げ返済は随時行える場合が多いですが、基本的に枠内で利用するといったことはできず、もし資金が必要になったとしたら新たな消費貸借契約を締結する必要があります。そして、その時には新たに審査が行われるので、また審査に通って融資が受けられるとは限りません。
こう見ると、カードローンの方が自由度が高くて便利であると考えることもできます。しかし、何度も借り入れることができる分、なかなか完済に至ることができないという人も多いです。また、一般的にはカードローンの方が金利が高い傾向にあるため、返済する総額は大きくなります。そのため、追加で借り入れることを想定していないのであればフリーローンの方が適しています。万が一に備えて枠を確保しておきたいというのであれば、カードローンの方がメリットが大きいでしょう。したがって、目的にあわせて最適な方を選ぶことをおすすめします。