金利の安いカードローンを選ぶ重要性

カードローンを利用していく上で非常に重要なポイントとなるものの一つが「金利」です。銀行・消費者金融など、大きな区別によっての違いもありますが、同一業態であっても設定されているものには若干の違いがあります。基本的に、銀行の方が総じて低い金利を設定していることが多くなるため、どうせお金を借りるのであれば「比較的、返済の負担が軽くなりやすい銀行」を利用して借り入れた方がメリットが大きくなります。

カードローンを利用してお金を借りると、借りた金額に対して金利の分だけ「利息」が発生します。利息は言ってみれば「お礼金」のような意味合いのもので、貸している側(銀行や消費者金融など)にとっては利益を生み出すポイントですが、借りている側にとっては無駄以外の何物でもありません。如何に低い利息で利用していくのかと言うことが重要なポイントです。

また、この設定には様々な基準があります。例えば、基本金利を18.0%に設定しているカードローンを利用するとして、必ずしもこの数値での契約となる訳では無く、審査の状況などによっては同じ借入金額であっても設定が変わってきます。申込者自身の属性(勤務先や年収など)が良いほど条件は優遇されやすい環境となりますが、その理由の一つに「利用限度額が多くなればなるほど設定金利は優遇される」と言う仕組みがあります。

上限金額に対して設定が優遇されるのは全てにおいて同じですが、より高い上限金額を設定してもらいやすい銀行の方が契約することのメリットは大きくなります。