複数のカードローン審査申込みは避けるべき

カードローンに審査の申し込みを行うと、申込み時に提出する情報によってカードローン会社は「個人信用情報機関」に照会を行います。これは銀行・消費者金融それぞれで行われるものですが、各社が加盟している信用情報機関によっては閲覧できる範囲に制限がかかる場合があります。

余りカードローンに関する知識が無い人にとって、こういった情報は審査で可否を決定する時にだけ参考にされるものだと思われがちですが、実は簡単に照会できてしまうこともあってか様々な場面で行われています。特に、申し込みがあった段階でまず最初の照会が行われることになり、その時の内容如何では「審査を行わずに申し込みが否決されてしまう」と言う可能性もあります。

いわゆる「申し込みブラック」と言う状態がこれですが、近々で何度も申し込みを行っている場合などに起こる現象です。実は、審査の結果がどうであるのかは確認することができないものの、「申し込みを行った」と言うこと自体は誰もが確認できる情報として登録されます。契約や借入れの実態についても確認が出来る為、「申し込みの実態があるのに、契約や借り入れの実態が無い」という事は否決された可能性が高いという判断要素となってしまいます。

となると、仮に基準を満たしている状況であったとしても不安視されてしまうことになる為、正式な審査を行わずに否決されてしまうという状況が引き起こされる可能性が高くなります。その為、申し込みに関しては1社ごとに行い、半年程度の期間で2社以内を目安に行っていくことが重要となってきます。