主婦がキャッシングする時のリスクは総量規制

増える多重債務者の対策として2010年に総量規制の法律ができました。
総量規制では、貸金業者は利用者の年収の3分の1以上の貸付けをしてはいけないと定めています。これは1社あたりの制限ではなく、全社合わせての制限です。つまり年収300万円の人なら100万円まで、年収600万円の人なら200万円までしか借りることができません。
となるとネックを抱えるのは主婦です。専業主婦だと個人収入はゼロなので借入れはできない、兼業主婦でも収入が少なければ借入れできる金額はかなり少額になってしまいます。
しかし、家計を預かり遣り繰りする主婦だからこそキャッシングを利用したいと考えるものです。そこで打開策があります。
総量規制はあくまでも貸金業者への規制です。貸金業者とは、貸付けを専業とする消費者金融などのことなので、金融機関である銀行は法律の適用外となっています。そのため、銀行のキャッシングなら収入がない又は少ない主婦でも総量規制の制限を受けることがありません。
ただ、一つ言っておきたいのは銀行のキャッシングももちろん審査があり、一定の収入が求められるという点です。すると、やはり年収がない又は少ないと融資を受けるのは難しいのが現状でしょう。
それを踏まえると最終的な手段としては、夫の契約しているキャッシングでの家族カードを発行してもらう、もしくは配偶者貸付を利用することになりますので、いずれにしても夫に相談する必要があります。